Credit

演劇組織KIMYO 第8回公演

『ダイダラ』


【日時】2011年6月25日(sat)・6月26日(sun)

【場所】名古屋市千種文化小劇場

●作・演出…宮谷 達也

●CAST

水野 詩織

山本 一樹

神崎 真衣

佐藤 弘也

阿久津 孝太 (劇団オートバイ)

元山 未奈美 (フリー)

森田 将太朗 (劇団15才)

戸谷 志織 (劇団NORO)

佐野 かおる (フリー)

呉竹 みのり (どっかんプロ)

制作…七瀬京子

   山本一樹

制作協力…ぺんぺん(わっぺん)

受付…若葉泰季・八ヶ代倫子

   倉内 久來良・稲垣良妃

   藤原一哉(試験管ベビー)

   林優(チェルシイとバニーガール)

   可児 久実

   中村実希・山内祥裕・鈴木菜月

広報…田口翔大

演出助手…山本一樹

ダンス振付…神崎真衣

撮影…角俊平

宣伝美術…チーム㎡

●あらすじ

マンガ家を目指す女学生、小金井サユリ。

変なオトコとラブホに入り、カラガラ逃げ出しオンナに会った。カノジョは言った「躍りましょ。」

連れてかれたのはダンスクラブ『モンシロチョウ』。オンナは朝まで踊り狂って、オトコは音楽響かせ叫ぶ。

そうだ、ここでバイトすることにしよう。


あの子はいないの?それならみんなで探そうよ?おねがい返事を聞かせてよ?

夢ならどうか覚めないで。どうか昼まで寝かせてママ。

携帯電話もシャンプーも、ダサいオトコもママの笑顔も、

大陸みたいに沈んじゃえ。躍らにゃソンそん。ワタシはみんなと違うんだ。


KIMYO第8回、マンガ家志望の女子大生による、

恋とクスリの深夜時間帯アルバイト日記。


藤田 沙也佳

(ブリッジ・プロモーション)

中田 顕治

(愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」)

藤原 孝喜

(劇団じゃこ/劇団ねこまんま)

西川 侑津佳

(フリー)

宮谷 達也

●STAFF

舞台監督…柴田頼克(電光石灰一発座)

舞台美術…岡田保

照明…瀧泉千尋

   吉田智幸

音響・音楽…エスパー渡辺

映像…中上淳二

映像補助…大塚千紘

     錦見尚希

映像協力…名古屋学芸大学

衣装…えんどうゆい(ゲボゲボ/劇団さる)

小道具…水野詩織

    古賀渉

KIMYO All Right reserved 2007

/**topロールオーバー*/
/**kimyoロールオーバー*/
/**contactロールオーバー*/
/**linkロールオーバー*/
/**membersロールオーバー*/

2011

2010

2009

2008

2007

2004

H5

2012

12人の兄弟