Credit

演劇大学in愛知 参加作品

『ある男、ある夏』


【日時】2009年11月8日(sun)

【場所】愛知芸術劇場 小ホール

●作…寺山 修司

●上演脚本・演出…宮谷 達也

●講師…青井 陽治

●CAST

望月 now!

西川 侑津佳

山本 一樹

阿久津 孝太 (劇団オートバイ)

花形 千明

宮谷 達也

●STAFF

舞台美術…岡田保

照明…角俊平

音響…エスパー渡辺

ダンス振付…神崎真衣

協力…日本演出者協会

●あらすじ

これは一人称のラジオによる記録。

現実音との対話でもあります。できるだけヴィヴィットに効果音を活かしてください。

「ある男」の内的現実と、外的現実、おしゃべり、無駄口といったものを、

ジャン=リュック・ゴダール氏の手法のように、

アトランダムに羅列した一寸した戯画のこころみです。

ここでは、政治の問題も、料理法も、古本屋の店先の「幸福論」もみな、

音による風景のごとく存在しているに過ぎません。

―寺山修司(本文より抜粋)

KIMYO All Right reserved 2007

/**topロールオーバー*/
/**kimyoロールオーバー*/
/**contactロールオーバー*/
/**linkロールオーバー*/
/**membersロールオーバー*/

2011

2010

2009

2008

2007

2004

H5

2012

12人の兄弟